「稽古照今」:剣道の‘教え’を考える[7]

先般、ある同級生の会に参加したのですが、そこで実は呟きのフォローしてますとか、「ぶろぐ。」を読んでますとか、語りかけられ、、、一応匿名のはずなんだすけどと(笑) それはそれとして、その翌日、クリスマス・イブだというのに、 …

Share

「目付」:剣道の‘教え’を考える[5]

剣道において、「一眼二足三胆四力」といい、目の働きがもっとも重要であることを教えています。 たしかに、五感のうち視機能から人間が得る情報は、日常生活において8割以上ともいわれ、スポーツ実践時には99%以上という文献もあり …

Share

どうでもいいことかも(その2):「鍛練」or「鍛錬」

前ぶろぐをうけて、、、また、仔細なことを。 「稽古」という言葉に関連することのつづきかも、、、これもまた、どうでもいいことかもしれません、、、 でも以前に、私自身、すごく勉強になったことがあったのを思い出しました。 とあ …

Share

「一拍子の打ち」:剣道の‘教え’を考える[1]

やっぱり剣道しかないのですが、新シリーズを考えてみました。 剣道における‘教え’についての疑問を自分なりに問題提起・解決して考えてみようというシリーズはどうでしょうか??? 研究解明というレベルまでではなく、こう考えるの …

Share