「中心」:剣道の‘教え’を考える[8]

「攻め」という剣道ではとっても難しいことにほんの少しだけ立ち入ってみたいと思います。   「中心の“中”には、“あたる”という、、、」   つづきは後述しますが、スゴい心に染み入る言葉を伝え聞きました …

Share

「稽古照今」:剣道の‘教え’を考える[7]

先般、ある同級生の会に参加したのですが、そこで実は呟きのフォローしてますとか、「ぶろぐ。」を読んでますとか、語りかけられ、、、一応匿名のはずなんだすけどと(笑) それはそれとして、その翌日、クリスマス・イブだというのに、 …

Share

「引退」から、、、生涯剣道のはじまりの自覚?

とある大会に参加してきました、、、これは今回で「引退」となりました。 この大会の最後に大会の来賓、わたし自身、仕事を1年ちょっと一緒にさせていただき非常に勉強させていただいた先生(尊敬とかそんなことすらおそれおおくもいえ …

Share

「発声」:剣道の‘教え’を考える[6]

ひさしぶりの「‘教え’を考える」シリーズ、、、。 最近、重心をどうのこうの言ったポストの中で、ハラ、そして「発声」なんて書いてしまいましたし、、、気になっていたので、今回は、剣道の「発声」についてちょっとだけ勉強してみま …

Share

「重心を変えずに、、、」って指導は道理か否か。

2012年初ポストです、、、拙いものばかりですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、SNSをとおして、バイオメカニクス(バイメカ)という研究分野の方々と会ってお話をすることが多くなったり、その界の人を新人(? …

Share

「目付」:剣道の‘教え’を考える[5]

剣道において、「一眼二足三胆四力」といい、目の働きがもっとも重要であることを教えています。 たしかに、五感のうち視機能から人間が得る情報は、日常生活において8割以上ともいわれ、スポーツ実践時には99%以上という文献もあり …

Share

「守破離」:剣道の‘教え’を考える[4]

大震災があり、デシ仕込み、自らの仕込みができない事態が続き、先般復活しました。 試合の日程は変わらないので、いままでのプログラミング(稽古計画)ではうまくいかないのは明白、やはり徹底して、、、「基本」しかないと思っていま …

Share

「大強速軽」:剣道の‘教え’を考える[3]

ケガ(肉離れ)やら 膝が調子が悪く、あまりにも稽古ができないので、剣道を考えているうちに、つい、ちと過激で、結論は堂々巡りのながーい話になりますが、、、 剣道の打突動作の習いの順番とでもいうのでしょうか、「大強速軽」とい …

Share

「基本」:剣道の‘教え’を考える[2]

‘教え’という枠ではないかもしれませんが、、、多くの教本にかかることなので、新シリーズ第2弾ということにしましょう。 これは剣道に限らず、どんな競技種目の、どんな場面でも、基本通りのことをすると、感銘を与えたり、受けたり …

Share

「一拍子の打ち」:剣道の‘教え’を考える[1]

やっぱり剣道しかないのですが、新シリーズを考えてみました。 剣道における‘教え’についての疑問を自分なりに問題提起・解決して考えてみようというシリーズはどうでしょうか??? 研究解明というレベルまでではなく、こう考えるの …

Share