胴のあーる話とデザイナー誕生?!:ヲタクっぷり[34]

決して、剣道具コレクターではないんです、、、と先に言っておきます。 今回は胴に関するポストです。 先月はぶろぐ引越しでバタバタしたので、新しいところでの本格的な初ポストです。 胴はおおまかに、胴胸と胴台のふたつのパーツか …

Share

道具の色とそのおもい、世界へ!…:ヲタクっぷり[28]

道具については、使う個々人が使いやすいと信じていれば、験を担ぐのであれば、それはそれでいいと過去いろいろとヲタクっぷりなポストを書いてきましたが、そう思っています・・・つまりはこんなこだわらんでもいいってことかもしれませ …

Share

剣道具の「飾り」の意義:ヲタクっぷり[24]

2020年東京オリンピック招致のためのロゴが昨日発表されましたね。 桜だそうです、、、こうやって日本の風情は伝えられているんですねぇ、後述します。 前回のぶろぐでは、最近の礼に無駄があるかもと書きました、、、ここから今回 …

Share

剣道具の機能を引き出すために「着装編(1)」:ヲタクっぷり[4]

建築に関しては専門ではないので受け売りです、、、 建築における機能主義は、「用、美、強」という3条件にまで遡ることができるそうです。 「建築物の外観は、利便性、構造、作法のために不要なものであるべきではない。」、「すべて …

Share

剣道具の「おされ」:ヲタクっぷり[3]

剣道具でお洒落する点については大きくは以下でしょうか、、、 1)胸の雲飾り、面の段飾りなど 2)面・胴の蜀江 3)胴台の塗り(色、模様) 4)垂や面・小手布団の革の飾り 5)着装 でもそれぞれには意味もあるし、「和」のテ …

Share