IMG_2515だいぶ遅くなりましたが、新年あけました。
今年もよろしくお願い致します。

以前に以下のようなポストを書きました。
はい、今年も例年通り、東京より北の方にある母校の寒稽古に参加して来ました。

今回はあらかじめ言っておきます、、、このようなしっかりとしたポストでもなんでもありません。
ホントの戯れ言です(笑)

> 拙ぶろぐ:寒稽古、、、剣道とピリオダイゼーション!?

兎にも角にも、「雪」があらためてキライになりました(笑)
10数年前にも東京の大雪のときに外出していて、2時間もかからない道を9時間半かかったイヤな思い出もありますし。

母校には、クルマだと1時間半もあれば十分着く距離で、遠くはないのです。
そして、わがデシたちも世話になったり、今年度は昨年5月のイタリアのデータ整理もしてもらったり、ホントにお礼参りに行かないといけないのですがね、、、結局1日しか参加出来ませんでした。

詳細は抜きにして、当日は雨で寒稽古としては暖かく、いいなぁと。
そして、稽古のあと、とある会の会議があり、、、ここらへんから雲行きがわるくなり(正論を言うと仕事を振られるというオチ 笑)、、、雨という予報をよそに「大雪」に。

関東・東京で大ニュースとなった大雪です。


それでも昼に帰るという決心をして、高速入口へ、、、すでに入口がスリップによる事故で、Uターンして反対方向から入りました(普通ならこの時点でやめるべきだったかも)。
そして、横殴りの大吹雪のなかを、、、ノーマルタイヤで。
何度も高速をおりて明日に帰ろうと思うものの、高速出口の渋滞がひどく、出ることにも萎えて、、、これなら行けるところまで行ってから考えようと。
ここでノープランになれるバカさが功を奏して(?)、、、気づいたら帰宅となりました。

まぁ、「家に帰るまでが遠足」なることをいうなら、、、もう大変。
稽古2時間強、、、帰宅に6時間弱というまる1日をかけた寒稽古でした。
記憶に残る「寒稽古」になりましたよ、これはこれで。

北の方は、クルマの温度計では温度がなく、どんどん雪がひどくなるのはわかりました。
正直運転はかなりビビってました。
首都高、東京に入る安堵も温度もあり、路面はほぼ凍ってなく、首都高おりてからの一般道のほうが危なかったですね。

これは翌日の高速状況ですが、当日も似たようなものでした
これは翌日の高速状況ですが、当日も似たようなものでした

また、吹雪やクルマの積雪からでしょうか、ETCが正常に作動しないということで、ICでの渋滞がひどかったのが、いちばん大変でした。
これに時間が費やされたといっても過言ではないですね、、、こういうことがあるんだなと知り、ある意味勉強になった感もありますが。

また、ほぼ高速の入口のしまってましたしね、、、乗っちゃったからはしっていられたんでしょうね。

帰宅後ニュースなどをみて、、、帰宅したこと自体が奇跡的であることがわかりました。
これで、今年はツイているとおもうこととしました。
すべて結果オーライですので、ほめられることではありませんが。

でも、よくできたものでプラマイゼロかもしれません、、、帰るクルマの中からやや風邪っぽい感じはあったのですが、結局病院に行くほどの風邪に。
実は母校の寒稽古に行くと、数回に1度はなにかもらってくるのです・・・以前にはノロもありましたし(笑)
といっても、何らかをもらってきた年はだいたいいいことあったりしてるような気がしますし、今回はさらに艱難辛苦を天に与えられ、乗り切りましたから、、、

今年は特にいい年になると思います。

今年も、いろいろとベストを尽くしてまいりたいと思います。
読者のみなさま、今年もよろしくお願いいたします。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください