さて、9月にデシどもが3年連続インカレ団体戦にいくって浮かれてましたが、その大会がおわりました。

本学試合中、ちと顔出し(撮影:ミートくん ←ありがとう)
本学試合中、ちと顔出し(撮影:ミートくん ←ありがとう)

ちなみに本学にはスポーツ推薦はなく、よくまぁ関東の激戦区をこんなに続けて通過できるものだと感心しております。

> 拙ぶろぐ: やった、3年連続全日本大会出場権獲得:「勝利至上主義」もいいんでない?

簡単な結果報告と今後を考えてみました、、、いや思っただけですので、駄感想文というところです。

2年前、初めて出たときは大会の雰囲気に学生はなすすべなく敗れ、その反省をもとに昨年は初戦を勝利しました。
今年は、、、というと前述のぶろぐにもかきましたが、メンバーの大半が入れ替わってのチャレンジでしたから、どうなるかと、、、だって、この大会のまえに行われた定期戦すら落としてしまったのですから。
指導者も力がないというか・・・

しかし、こういうのは伝統とでもいうのでしょうかね、、、負けたくない気持ちが脈々と受け継がれていて、、、「我慢」、それがつながって、しぶとく九州3位のチームとの初戦を代表戦で退け、まずは昨年の結果をクリア。
でも次の関西チャンピオンには善戦むなしく敗れました。
負けて、泣いている学生には感謝ですね、また次もやってくれるというのを感じますからね。
こうやって、彼らがこれまでの人生で感じてこられなかった「本」を感じとってもらっていければいいなぁと思っています。

>  拙ぶろぐ: 「本」:大会所感&デシへの感謝

さて、この大会をみていて思うのは、まず「仕入れ=スカウト」のしっかりしているチームが多いということ。
まぁ、今の大学スポーツのあり方なんでしょうけど、個人的には本学は全くできないのもあり、「仕込み=教育、指導、調教(?)、、、」が重要でないかとも思うこともあります。
「仕入れより仕込み」、これがおれらのする仕事だろうと!
ただ、料理同様、材料がいいのはこれはなんたって魅力なんですけどね。

という私自身は、デシを仕込むというものの、ケツをたたいて、あーこーいうのはあまり好きではありません。
「仕込む」なんていっていますが、生涯スポーツとしての剣道の稽古を考えた場合、わざわざ時間を割いて、デシどもと付き合うなら、「自分が稽古してたのしい相手」になってほしいという観点がメインで付き合っています。
つまり、あくまでも「give and take」というより、、、「give and given」になればいいなぁ、、、というのが私のスタンスです。
自分がかわいいんです、まだまだ。

まぁ、私自身をかんがえてみると、学生時代は大した選手ではなく、いまのデシのほうが立派なものです。
いまでこそ、これまでに選手としてもいろいろと使ってきたといえますが、まだまだ全国での優勝はありません、、、ひとつの夢です。
ですから、全国にでて、まだまだ勝てないデシをみて、何が足りないって、、、私の実力なんでしょうね。

自分と似たような選手たちだから引き上げられるんでしょうし、いい仕入れができたときの一流を超一流に変化させる仕込みはまた大変なんです、これは母校TKBでも働いていたときに感じています。

前のぶろぐにも書きましたが、「勝ったときは選手のおかげ、負けたときは指導者のせい」。

>  拙ぶろぐ: 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議な負けなし、わたしのせい。

まぁ、この感覚をわすれることなく、自分自身を高めないといけないんだなぁ、、、ここ2年全国大会でもっといい成績をあげたいと涙流すデシをみて身を引き締めている次第です。

頑張りますよ、、、

4年生はそして引退といっています。
わたしを取り残して、、、そう、師のわたしには引退はないようです。
そして、新体制。
また新たな1年がはじまりました。
頑張りますよ、あなた達がつくってくれたものにあぐらをかかんようにね!!!

 

ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした。

さて、大阪ではいろいろな方々にお世話になりました。
まずは、監督はじめ多くの卒業生の先輩方、わざわざ東京からもきてくれて、本当にデシども、お前ら幸せものだぞ!
そして前日、元気づけてくれた15年来の知り合いの焼肉屋さん!
おいしゅうございました!!!
さらに本学で非常勤講師をして、全く剣道とは関係ないのに応援に来てくれた某組長とそのデシ。
その他もろもろの関係各位のみなさまのおかげを持ちまして、今年のチームもいい締めくくりができました。
今後もご指導のほどよろしくお願いいたします。

Share Button