私の友だちなんですが、かつて「ただ一撃にかける」と、、、剣道界に感動をあたえたドキュメントがありました。
このドキュメントはまさに「本」なのです!

F1020024

さて、2010剣道インカレ個人戦をみて、審判長講評でもあったように、男子決勝は面白かったですね。
しかしながら、順当なのもありますが、いわゆる有名どころといわれる選手たちの多くが上位進出はなりませんでした。

剣道は、その文化性からは一撃にかけるは当然のことですが、昨今の競技をみていると、10回技を出しても、20回技を出しても、1本も決まらないことが多々あります。
統計学では、5%未満は棄却されるので、誤差のなかで勝負してるという見方もできます。
※実際は違いますよ!!ひねくれてみると、こういう見方もできるというだけです(^^;;
※特異な個の競い合いは、統計では計り知れないものがあるのも事実です。

まぁ、そんな数字で解決できるものでないのはわかってはいますけど、、、


野球では、来るだけのものを3回振れて3割打てばイイ打者になります。
剣道の場合は打ったら打たれるかもしれませんし、野球と比較するものではないと思います。
しかしながら、野球においても、一振り一振りをしっかり振りきるヤツでないと、プロでは通用しないと聞いたことがあります。
※この野球についての話は、コメントで組長さんがフォローしてくれると思います、、、(笑)

また、相田みつを氏の「本心本気本腰本物本願 本の字のつくものはいい」というのがあります。
私はこれは非常に気に入っています。
たしか、「本の字でゆこう いつでもどこでも 何をやるにも」とつながったと思います。

このように考えると、一本一本を本気で打たないと、限りなく、天文学的な決まらない数値になっていくでしょうな…
ある全日本チャンピオンの稽古をみて、掛かり稽古でも基「本」打ちのようにやっているという表現をされていた人がいたことを思い返します。

という「本」という字の重要性を、今回の大会をみて感じました。
その点、男子決勝は迫力がありました、いわゆる本命の戦いは、レベルの高いステキなものでした!
一撃一撃にかけて、「本」の字でいっていたと思います!

一方で女子の大会の序盤戦や、失敗していく選手には、それを感じないのもありました。
本気ではないとはいいませんが、なんか打ち切れていないというか、捨て切れていないというか、、、
自分自身においてみて、わくわくどきどき、反省もたっぷりしながら勉強していました(汗)

さてさて、、、
デシは、私が本学に赴任して以来、今年ははじめて2人も出場し、ついには個人戦では初勝利をあげてくれました。
昨年秋の団体につづき、全国で勝利をプレゼントしてくれました、、、(うれしい)。

軽く同時期の私を超えてます、尊敬しますョ、デシども!!!

スポーツ推薦があるわけでもなく、高校時代までに全国なんか知らないヤカラですし、環境的に多くの稽古もできず、恵まれていない中、よく頑張ってくれていると思います。
感謝です、「本」を感じています。。。「師弟同行」私も頑張ります。

Share Button