本学剣道部の合宿を無事終えることができました。
TKBの先生方、学生(後輩)諸君、みなさん、同じに合宿を8年も続けてくれている水戸の大学の後輩センセ、学生さんたちに感謝です。
今年も実り多き秋になれば、いいのですが。
まずは第一歩としてやるべきことはやったと思います、武運長久を祈ります。

 

さて、本学でデシ仕込みをするようになってきて、剣道のトレーニングに思うことを少しメモしておきます。
今回はあえて、「トレーニング」という語を使っておきます。

 

本学が最近成績を出し始め、合宿を共にしている他大学の同窓の後輩指導者が「先輩のところは合宿終わってから強くなるからなぁ」なんていいます。
まぁ、、、私の「ウデ」というか、、、いやいや。
たしかに合宿は競技力強化を目的としますが、どういうふうに強化していくかが重要ではないでしょうか。
※基本的なことでとどめますョ、全部は書きません、、、ナイショデス、、、「ウデ」なんですから!?

gash

 

競技力について、一般的に以下のような式であらわします。

 

Performance = Skill * Fitness * Motivation

 

ここからみると、体力面、精神面、技術面の単体ではなく、その総合的トレーニングが必要であると。
日本でいう、「心技体」と一字一句変わりないのです。

 

心技体

 

そしてさらに、戦術戦略の強化を加味しないといけないのは当然です。

 

TKBで自分の学生時代から、普通のみなさんより長めに剣道を修行させていただき、指導する側にも立たせてもらいました。
その専門家になってやろうということおよび専門家を育てようという経験と、現在のいわゆる愛好家を育てようとする経験を通して感じてきたことがあります。

専門家であれば、当たり前のことを当たり前に繰り返し繰り返し稽古をしても、強くなります。
自覚のある修行者は、なにをターゲットにトレーニングをしていくか個々人で明確にして、勝手にいい選手・いい指導者になっていきます。

 

 

現在、わたくしは幸せなことに、とある大組織で指導者講習会のお手伝いをする大役につかせていただいています。
その際に、体力面では以下のような講習をする機会もあるので、紹介しておきます。

 

— 講習会で使うのパワーポイントの1頁より —
剣道の稽古自体が総合的な体力面のトレーニングである。
○素振り…最大筋力トレーニング(重いものを振れば)、スピードトレーニング(軽いものを振れば)、持久力(回数を多く振れば)、技・協応性(正確に振れば)
○切り返し…筋力・パワー・持久力等の総合的トレーニング
○掛かり稽古…体力中心の総合的トレーニング(全身持久力、筋力等)+技能トレーニング
○互格稽古…技の習得の総合的トレーニング(協応性、調整力、巧緻性のトレーニング)

 

このように、体力といってもいろいろな要素があり、それぞれトレーニングの方法も違います。
簡単にいえば、「強度・時間・頻度」のかけ方で、得られる効果が違うんです。

 

TKBにいた経験や離れて後輩たちを見ていても、強くなったり、いい指導者になったやつらは、必ず時期によってや稽古のたびに、課題を明確にして取り組みをしているように感じます。
したがって、総合稽古というなかにも、自分のプログラムに応じた体力的要素の追い込み方、技術、戦術トレーニングの捉え方などなど、目的に対して実行していると思います。

 

見た目はね、、、武道、特に剣道はほぼ毎回おんなじような稽古をしているんですけどね、、、寒稽古などを除いては。

 

そう、専門家を目指すものには、一般的な変哲もない稽古の展開だけで自己実現ができるというか、してほしいですね。
やり方(見た目)を変化することでなく、自らを悟っていくようなことをしてほしいなと。
※まだまだ私も修行の身ゆえ、自分にも強くいいきかせているつもり・・・デス:(;゙゚’ω゚’):

 

 

 

では、今の剣道をプロフェッショナルとしないデシを仕込むとき、、、

まずわたしは、デシたちに、、、秋シーズンの始まりとしての合宿では、まずバイオモーター・アビリティを戻すこと、かつ高めることをメインにして、その後ガッコにもどっていろいろと展開していくことを明確にしておいてます。

 

 

物事を身につけようとするときに「全習法」と「文習法」がありますが、分解して総合的に構築していくことは重要です。
そこで先程の体力・技術・メンタル・戦術などの分解が重要になってくるのです。
不可分な部分もいっぱいありますが、それぞれを分解して、そしてまとめていくことが重要になります。
前述した専門家集団はほっといてもできるので、こういうモノの考え方をいまのデシどもに浸透させていくことが重要なんです。

一点申し添えておきますと、、、剣道には生涯つづけてプレイしていけるという他の競技にない特性を持っています。
稽古の仕方も、「準備運動→素振り→切り返し→技の稽古→稽古→掛かり稽古→切り返し→整理運動」というところが、時期や道場によっての少々の違いはあるでしょうけど、ほぼ統一されたような展開がされているでしょう。
うちのガッコでも、合宿、普段の稽古でも、全くオリジナリティのあるようなスペシャルな稽古はしません(そう思われていない方もいらっしゃるようですが)、現存の稽古方法以外はしないのです。

 

ただ、その強度・時間など、および個々人の取り組み方で特性を出していくだけです。
なぜなら、私自身は私のデシに剣道を続けて欲しいのです!
そのためには当たり前の稽古をするなかで、個々でしっかりと目的に応じた取り組みができるようになるように育てていくことが、どのような場にいっても剣道を続けてくれるには重要ではないかと考えています。

 

ということで、トレーニングという言葉で展開してきました・・・「稽古」はまた今度にネタとして書きたいと思います・・・かなり複雑になりそうなので。
そして、ひとつのスタンスは、何でも「稽古」という言葉にまとめてしまうのはどうなのかという疑問点として「トレーニング」という語を用いたんです、、、つまりはもっと分解して、仔細に稽古法を考えたらいいんでないかということ。
しかしながら、もう一方のスタンスとしては、剣道は開悟すること、「自分で自分を自分する」、つまり「稽古」って言葉ひとつでいいんだということ。

 

 

相反するんだけど、どちらかというと、今のスタンスのまま「稽古」って言葉一つでやれることが、生涯スポーツでもある剣道のいい面を出しているんではないだろうか。
ただ、この言葉ひとつで何でも強く・うまくなってしまおうというのが、迷宮に入るところでもあるんだな。
多くの剣道人があまり考えていないと思うのですが、一人ひとりがスポーツパフォーマンスの構成を理解して、各トレーニングの方法を熟知し(特に指導者は)、展開していくといいんだろうなぁ。

 

と、、、4晩にわたり宿泊をともにして、後輩指導者と語り合ったことなどからの私の考えもこみで書いてみました。

 

 

毎度のこととはいえ、あまり結論のない、堂々巡りのような駄文だな・・・スミマセンm(__)m
「ヲタク」シリーズも滞っていますね、コチラもm(__)m
「つ’ぼやく’」ばかりでなく、「ぶろぐ。」もがんばります!

Share Button