叩いて、揉んで、「剣道具愛」:ヲタクっぷり[16]

とあるところで、とある剣道具ヲタクのあつまりに参加してきました。 わたし以外は、みな剣道具師の職人さんたち、、、わたしは「講師(?)」、夜の会ではわたしも「食人」です!!! どうやったら、道具が使いやすくなるかということ …

Share

道着・道衣の話:ヲタクっぷり[15]

このブログも1年が経ちました。こんな剣道ヲタクの戯言を読んでいただけることを感謝しつつ、2年目のスタート、、、やはり、ヲタクねた、いきますね。 ちょっと時間が経ちましたが、4月末に柔道の大会を見てきました、全日本柔道選手 …

Share

生革のはなし:ヲタクっぷり[14]

先日、テレビを見ていたら、日本で一番店舗のある、とあるクリーニング店がでてきて、剣道具の洗濯をしていました。 10,500円もするとのこと。まぁ、脱臭とか、ブラシでとか、、、ヾ(゚Д゚ ) そして、つい、、、「ヲタクっぷ …

Share

竹刀をえらぶ基礎知識:ヲタクっぷり[13]

剣道おける竹刀選び、竹を選ぶことを考えてみたいと思います。 まずは知識として、そもそもの竹刀の製造工程(動画)を以下URLで紹介して、押さえておいてもらえればと思います(出来ればどうぞ:約15分)。 > サイエンス …

Share

剣道具の布団の刺しの話:ヲタクっぷり[12]

剣道具のユーザーは、、、手刺とか、その細かさに興味を持っているようです。どうしても気になるのでブログアップです。 個人的な結論は、本人が使いやすいかどうか、思い入れやがあるかどうかにあると思っていますし、験担ぎ的なことも …

Share

剣道具業界にサンタはいるのか?:ヲタクっぷり[11]

これもヲタクっぷりということで、、、いきまーーーーーす!!! 先般、以下のおもちゃ屋さんの話を読みました。 ちょっといい話だなぁと、、、ここで、じゃあ剣道はと思ってしまうのが、ヲタクの所以。 季節柄こんなネタもありで。 …

Share

古人の知恵「竹刀編」:ヲタクっぷり[10]

以前、剣道具についての古人の知恵をご紹介しました、個人的には私の力作投稿のつもりです(自画自賛、ハハハ)。 > 拙ぶろぐ:古人の知恵「剣道具材料編」:ヲタクっぷり[2] 私も研究者のハシクレでもありますし、今後何ら …

Share

中結をシメる!:ヲタクっぷり[9]

先般の講習会にからむぶろぐの続編にもなるかもしれません。 > 拙ぶろぐ: 沖縄の指導者講習会での授業:ヲタクっぷり[8] > 拙ぶろぐ: 柄革をキメる!:ヲタクっぷり[7] 今度は、竹刀と道具の規定についても …

Share

沖縄の指導者講習会での授業:ヲタクっぷり[8]

先々週に沖縄で軟禁され、指導者養成の講習会に参加してきたことは、前回のぶろぐで書いたとおりです。 そこでの講習させていただいたひとつが、「剣道の安全・衛生管理」というコマ。 わたしのヲタクっぷり発揮でした(一応教本にのっ …

Share

柄革をキメる!:ヲタクっぷり[7]

沖縄の講習会に来ています。 講習生の竹刀をみて(私の趣味??? 下記のぶろぐ参考)、ふとブログアップです。 竹刀に力を伝えるのは、カラダの部位でいえば、最終的には手です。 カラダ全体の力を手を介して最終的に竹刀に伝えて、 …

Share

剣道具ができるまで:ヲタクっぷり[6]

ヲタクっぷりネタです。 以前拙ぶろぐ(「古人の知恵『剣道具材料編』:ヲタクっぷり[2]」)でとりあげた材料たちがどのように剣道具として作り上げられていくか、、、 今回のぶろぐで、大まかな工程が理解してもらえると思います。 …

Share

剣道具乾燥の秘密兵器:ヲタクっぷり[5]

今年の夏はあついι(´Д`υ)アツィー で、、、剣道人だけでなく、実は剣道具にとってもシビアな夏です。 個人的には剣道具(面・小手・垂)など、頻繁に洗濯するのでよく乾いていいなぁとも思っています。 洗濯の方法については、 …

Share

剣道具の機能を引き出すために「着装編(1)」:ヲタクっぷり[4]

建築に関しては専門ではないので受け売りです、、、 建築における機能主義は、「用、美、強」という3条件にまで遡ることができるそうです。 「建築物の外観は、利便性、構造、作法のために不要なものであるべきではない。」、「すべて …

Share

剣道具の「おされ」:ヲタクっぷり[3]

剣道具でお洒落する点については大きくは以下でしょうか、、、 1)胸の雲飾り、面の段飾りなど 2)面・胴の蜀江 3)胴台の塗り(色、模様) 4)垂や面・小手布団の革の飾り 5)着装 でもそれぞれには意味もあるし、「和」のテ …

Share

古人の知恵「剣道具材料編」:ヲタクっぷり[2]

とある方から、剣道具については続編をはやくと聞き及びましたので第2弾。 ちょっと長いかな?こころして、お読みください!!   そもそも、命のやりとりをやっていたものが武道の発祥で、遊びやゲームから発してきたもの …

Share

剣道具のつきあい方:ヲタクっぷり[1]

あるところでつぶやいていると、やたら剣道具の洗濯について反応がいいので、私のヲタクっぷりを発揮したいと思います。 とはいっても、まず道具についての考え方の根本的なことをおさえていかないといけないと思います。   …

Share